2014年09月30日

フック考察

B2BEB392-7723-4898-83A8-069BA5370228.jpg

前回の釣行とその前の釣行で気になったことがあります。




渚滑川での釣行(前々回)では、とにかくバラしが多かった´д` ;


この時は市販のミノーを使いました。

市販のミノーはほとんどがトリプルフックです。
シングルフックに交換したこともあったのですが、泳ぎがかなり悪くなりました。

なので今までずっとトリプルフックを使ってたのですが、とにかくバレやすい。
(合わせが下手なだけかも知れないけど)



そういうわけで、多少動きが悪くなってもいいのでシングルフックに交換しました。

Dコンだと高速で巻くとローリングを超えて回転します 笑
しかし、トゥイッチは問題ない動きです。



フックをシングルに交換したあとはバラしは激減。
シングルフックのバレずらさには感動です^ - ^


DE0467A7-88A5-43E0-9032-BF9083F67B61.jpg
ただし市販のフックではなく、自分で巻いたフックですけどね。


とりあえず今後はミノーとスプーンは自作シングルフックで決定です。



ただ気になったことが・・・




E4273B53-C0B6-405B-BD2F-C99FB15D5F6B.jpg

前回も気になったのですが、フックが3回に1回はこうなる。


当然泳がないし、仮に食ったとしてもすぐにバレます´д` ;



Dコンでもこうなります。

大事な時にこうなるとかなりイラっとしますね。


なのでフックサイズを落としてみました。





256C01A1-4D39-45DA-87B6-C89DBA343EAF.jpg

0.5サイズを落としました。



477ADAE4-A730-4895-8A1A-782EC6510867.jpg

うん、届かない。
これで絡みつくことはなくなりそうです^ ^

ただフッキング率と強度はどうなるか・・・。

40程度のニジマスなら問題はないでしょうが50〜60がかかった時、このフックで耐えられるかどうか。

検証するにもそんなデカイの釣れないから検証出来ないんですけどね 笑





posted by tosu at 10:00 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイドルアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406261302

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。