2015年09月02日

リールメンテナンスのオイルとグリス

0E33C054-F089-4188-AC7E-C634C73F17DF.jpg

僕の使っている渓流ルアー用のリール。
カーディナル3/33です。

このリールに関しては好き嫌いもあるでしょうし、それに対して今語るつもりもありませんが、今回はリールメンテナンスに使う、オイル、グリスの話です。






3BEFD845-5CD1-4BE1-8144-1E3DD96AC806.jpg

IOSファクトリーの製品。

今まではシマノの、オイル&グリスセットのスプレータイプを使用してたのですが、スプレータイプは飛び散るのが嫌なのと、粘度が少し低いので、一回水に浸けたり雨に濡れるとオイルもグリスも流れてしまう感じでした。
そこで高いなーと思いつつ、評判も良いので購入してみました。




E24DAD7E-2AAE-4318-BE0F-C4B92B91B8A6.jpg

まずはオイル。

種類は、01、02、007とありますが、簡単に言えば粘度の違いです。
01が標準的なオイルで、02が高粘度オイルです。
(グリスとオイルの中間、のような感じ)
007は超低粘度オイルです。

今回は01を購入。


このオイルの特性は・・・

・揮発しない。
揮発するオイル類はスプレータイプが多いです。
瓶などの容器だと気付いたら空になってた・・・なんてこともあるそうです。

スプレーだと必要以上に噴射してしまうので、飛び散り余計な箇所にもかかってしまうし、何より不経済です。



CF58C68F-E98C-4A60-B37C-6596784F621F.jpg

このIOS-01は金属製の細いノズルが付いていて、なおかつスポイト式になっています。
これによって、必要箇所にぽちょんと一滴、広い面はスポイトを押しながら塗り伸ばす、という使い方が出来るのでとても使いやすく経済的です。
揮発しないので、長時間の性能維持が可能です。



・高粘度、非ニュートン系オイル。
サラサラなオイル(低粘度)の方が単純に回転性能は上がると思いますが、低粘度になればなるほど使ってるうちにオイルが遠心力で飛び散り、一日もたずオイルが空になった、なんてこともあります。
特に乾式ベアリングに使うと顕著に現れます。

このオイルは若干高粘度。とろ〜としてます。
そして、非ニュートン系。

非ニュートン系とは、普通のオイルを容器にいれ円を描いてかき混ぜた場合、普通は外側が盛り上がり真ん中が凹みますよね。
これは外側に遠心力がかかり、中央部分が外側に引っ張られる力が働いているからです。

この非ニュートン系オイルは、容器にいれかき混ぜると混ぜてる棒に絡みつき、真ん中が盛り上がる「せり上がり現象」がおきます。
ニュートンの法則に反してるところから、非ニュートン系という名前がついています。

このオイルをベアリング、リールの適所に塗ると、普通なら遠心力で飛び散ってしまうオイルが、各所に絡みつきオイル性能を長時間にわたり維持出来ます。


8BACEBB4-4877-421B-AEC3-D5CB8C8F588C.jpg

それ以外に、目に見える訳じゃありませんので真偽の程は定かではありませんが、オイルが極薄の被膜を形成するそうです。
確かにいつまでもしっとりした感じはありますね。
この被膜は、多少磨耗した部分にもリカバリー能力があるみたいです。

お値段は10mlで3,260円(税込)。
多少高い感じもしますが、長持ちし、なおかつこの性能なら良いと思います。



続いてグリス。




5692B754-BDEF-4CF7-99A2-F67318D7117E.jpg

僕はメインギアとドラグにこのグリスを使っています。

このギアグリスはー30度から+80度まで性能を発揮できます。
北海道ならー30度というのはあり得る気温ですので、極寒のアメマス釣りでもリーリング性能を維持したまま一日快適に釣りが出来ます。

乾燥も酸化もすることがなく、グリスが黒くならずいつまでも性能が維持でき、大切なギアを守り続けてくれます。



0D76BA5D-4AC1-4ECA-96AE-D5FE554B83AC.jpg

ただかなりベタベタしているので塗布量には注意が必要です。
ごく少量でギアに馴染むので、塗りすぎるとリーリングが重たくなります。
まあ、仮に重たくなっても使っているうちに段々馴染んできます。
馴染むととてもしっとりとした感じになりますよ。
塗ったその日よりも、一日使った後の方が良い感じですね。

これもお値段、3,230円(税込)ですが塗布量を考えると数年はもつのでので決して高くはないと思います。


以上、簡単ですが僕が使っているオイルとグリスでした。

参考になれば幸いです^ ^







posted by tosu at 21:40 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | タックル/装備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425230651

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。