2015年09月06日

釣行動画用にAEE Magicam SD21

B0B4A0FB-1D8D-48D9-BB46-756370B537C9.jpg

「動画撮影になんのカメラ使ってるの?」という質問があったのでお答えします。
僕が使ってるのは、「AEE Magicam SD21」です。





ウェアラブルカメラの代表といえばGoproですね。
初期は安く、手頃だったのですが、新製品が出るたびに値段は上がっていき、いまや高級カメラ。

Gopro HERO3 Whiteで、3万円弱。

Gopro HERO3 Silverで、4万円弱。

Gopro HERO Blackにいたっては6万5千円弱します。

それプラス、液晶やリモコンの付属品が揃えると(Blackはリモコン付属)、ちょっと簡単には手がでませんね。

初めてのウェアラブルカメラ。
飽きて使わなくなる可能性もあるので最初からそんなにお金はかけれない。

色々検索して、このMagicam SD21 にいきつきました。

ひとりぶろぐさんのブログが大変参考になりましたね。
(記事が若干古いので、現在は付属品等変更があります)


値段はスタンダードパックで19,800円。
しかも、液晶モニター、リモコン、その他ハウジング付属です。

僕は頭につけたかったので、ヘッドマウント付属のダイバーズパック、21,800円を購入しました。

性能はGopro Hero3 Silverと同程度といわれてるので、付属品を考えると1/3の値段です。
ウェアラブルカメラ初心者で入門機としては良いのではないでしょうか。

詳しい紹介はひとりぶろぐさんの記事を見ていただくとして(人まかせ)、僕が使ってみて良いところ、悪いところを少しだけ・・・。


まず、良いところ。


・コスパが良い。

DFFDE0DD-250A-48B7-93E0-47E7FE00F42D.jpg

これは圧倒的に安いです。これだけの付属品がついてこの値段はとても助かります。



・画質が良い。

B102D8B7-1C18-4AA8-A0B0-DED3F5DA2C7F.png
(動画から切り出した画像。1080P 30fps)

これは意外と・・・といっては失礼ですが、なかなか良いです。
会社のGoproに比べると、発色が良いですね。
デフォルトされているのか、Goproより鮮やかです。この辺は好き嫌いがあるかも知れませんが。



・レーザーポインターが超便利。

79A10AC4-C90E-425A-A89D-DB20DC97CA72.jpg

ひとりぶろぐさんでも書いていましたが、レーザーポインターが内蔵してあります。
リモコンなら静止画ボタン長押し、本体なら録画ボタン長押しでオン/オフできます。

E301F0CA-B2A7-4300-83B9-7EA68D1F1D67.jpg

防水ハウジングを付けてももちろん可能です。

これはカメラを頭や体につけるとモニターを確認出来ず、どこを撮ってるのかわからないのでレーザーポインターが当たってる部分がフレームの真ん中として位置を調整できます。
これはなかなか考えられていますね。
そのうちGoproでも採用するかもしれませんよ。

ただこのレーザーポインターは日中だと少し離れると確認出来ません。
僕は手をかざして、その延長線上に大体で合わせています。
前回は下を向けすぎて失敗しましたが、大体上手くいきます。



・市販の三脚が取り付けられる。

D99BA79D-30EE-4D42-B523-108DC63739E4.jpg

本体にも防水ハウジングにも1/4のネジ穴が切ってあるので、市販の三脚類がそのまま取り付けられます。

9A762BFF-B7F0-438B-A3F9-8C3C9D69C092.jpg

B0CD674D-BA8C-410E-82BF-A60D34DBE842.jpg

釣り場で三脚を立てて自分撮り、それ以外に家でも役立ちます。


悪いところ。
・防水ハウジングをつけると意外とデカくて重い。

1ABA1D5E-ADF3-4C54-B274-839C016E17B4.jpg

そう、意外と重たいんですよね。


619675E9-C7BA-4CA4-BB1E-F4A70DC87D75.jpg

ハウジングを付けなければそんなに気にならないのですが、ハウジングが意外とゴツくて重い。
最近は慣れましたけどね。


・人に見られると恥ずかしい。
これはハートの強さでカバー出来ます。



・防水ハウジングをつけると電源が切れない。

A37729D1-5727-44CD-AFBA-4B6CC8432355.jpg

ただでさえ電池の消耗が激しいので、こまめに電源を切りたいのですがハウジングをつけると電源が切れません。
操作出来るのは本体もリモコンも、録画開始、録画停止、静止画だけです。
リモコンで電源オフ出来れば良かったのですが。

防水ハウジングを付けなければもちろん電源オン/オフ出来るのですが、防水ハウジングなしで渓流を歩くのは転倒を考えるとちょっと怖くて出来ません。



思いつくのはこんな感じでしょうか。

ただこのAEEというメーカーは中国です。
中国ですが、AEEは他の会社のウェアラブルカメラの下請けもやってる会社なので、案外信頼はできるそうです。

しかし、やはり、というべきか、僕も最初に届いたのは不良品でした。

使用2回目にして電源が入らなくなりました。
当然充電済みのバッテリーでした。
バッテリーの不良品かとも思い、予備バッテリー(二つ持ってます)でも試したがダメでした。

日本の正規代理販売店で買ったのですぐに電話したら・・・

販売店:「それは初期不良なので、新品と交換します」とのこと。

販売店:「送る時に、住所、名前、電話番号、買った証明書(Amazonからのメールなど)、カメラの症状(どんな故障か)、本体を入れて送って下さい。到着後すぐに新品を送ります」

すぐに送ってほしかったのですが、近いうち釣りに行く予定もないし、電話の対応も良かったので、まあいいかと思いその日のうちに書類を作って着払いで発送。

それから5日ほどして交換品が届きました。

まず、最初に「ん?」と思ったのは僕が梱包して送った箱のまま送り返してきました。
まあそんなもんかなー、なんて思って箱を開けると、僕が入れた書類がそのまま入っています。
しかも、余白部分に「交換品を送りました。よろしくお願いします」と殴り書きが。

電話対応したのも会社の代表でしたので、こういう会社なんだなーと思い本体を見ると・・・

なんと中古品!

パッと見ただけで使用感があり、傷もついています。
おそらく、同じように故障した物を直した物でしょう。
僕はかなり物を大事にする(最初は)タイプなので、こっちから送った物は電源は故障してるけど外見は傷ひとつ無いです。
新品を買ってほとんど使ってないのに、なんでこんな中古品を使わないとダメなのか。

レンズも汚れてて、一眼用のクリーナーで磨いたけど、とれません。
中の汚れです。
レンズに傷もついています。
撮影には差し支えないけど、我慢できません。

しかも、録画停止ボタンの反応が悪い。
さらに、満充電したバッテリーを入れても残量ゼロの表示が出て電源が落ちます。
これはその本体で充電し直したら正常に表示されました。
(後日送られてきた新品では満タンで表示されましたので、バッテリーの放電ではないです)


速攻電話です!

tosu:「新品を買って初期不良で交換なのに、中古品が届いた理由を教えて下さい」

販売店:「あ〜何かの間違いですかね〜すぐ交換します」

tosu:「間違いじゃないですよね?そちらの会社はこういった初期不良で交換する時は修理した在庫を送ってるんですよね?毎回新品と交換してたら在庫なくなりますもんね?」

販売店:「はい・・・そうなんですよ」
(はいって言っちゃったよこの人)

確信犯の裏は取れました。

tosu:「それで納得する人もいるかも知れませんが僕は納得できません。元々物を大事に使うタイプで云々かんぬん〜、しかもレンズの内側に傷か汚れがあるなんて許せない云々かんぬん」
向こうは新品と交換するって言ってるのに、ネチネチ攻めます。

販売店:「それでは送り返して頂ければすぐに新品を・・・」
tosu:「送って届いてから発送ならまた5〜6日はかかりますよね?僕は飾るためにカメラを買ったわけじゃないんですよ。使うために買ったんですよ」
実は4日後に釣りに行く予定がありました。

販売店:「そうですよね、わかりました。すぐに新品を送ります」
当然です。
新品が初期不良の可能性もあるのでこの中古品は一応代替え機として人質です。

この販売店の方、電話の対応は良いんですよね。
親切に対応してくれます。

こっちは相手が言い返してきた場合をシュミレーションして何通りも考えていたのですが、あっさり交換でした。
はい、とか言っちゃうし。


その二日後に新品が届きました。

レンズに保護シールは貼ってなかったですが、上の液晶には貼ってありました。
傷も汚れもなく、新品か新品にほぼ近い(疑り深い)物でした。

動作も完璧に作動します。
ただ前回の物は2回目の釣行で壊れましたからね。
まだ安心は出来ません。


そんな事があり、今に至ります。


商品自体はとても良いですよ。
入門機としては値段も安くオススメです。

販売店も、もし今回のような事が起こり、僕のように納得出来なければきちんと対応してくれます。
泣き寝入りはする必要はありません。

大人同士ですから怒鳴ったりしてはダメですよ。
怒鳴るより静かに話す方が相手に効きます。
相手も人間ですから熱くさせたり余計なトラブルは避けて勝利(?)しましょう。

ただ、お金に余裕があるならGoproなりソニーなりきちんとしたメーカーをきちんとした店で買うのをお勧めします。

というのも今回は初期不良で新品交換出来ました。
1年の保証期間も付いてるので、もし故障したら直してある例の中古品と交換って事になるでしょう。

保証期間が過ぎたらどうなるのでしょう?
有償で修理してくれるのか、もしくは交換か、わかりません。
直せたとしても値段はいくらかかるのでしょう。

不安はありますが、このカメラのおかげで釣りに新しい楽しみが増えたのは事実です。

色々な可能性を秘めています。


9B78FCF6-E78F-4847-8741-0FDEBBC0F0B6.jpg

水中に沈めて、ルアーに食いつくシーンなんて撮ってみたいです。


次の釣行が楽しみです。


最近老眼が進行して小さい文字がつらいので字を大きくしました 笑



posted by tosu at 21:14 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。