2015年09月15日

優しいリリースを考える

70EFAA31-A6A4-480D-BAA5-F2B8AC5760A8.jpg

仕事から帰ると僕の机の上に荷物が届いていました。
先日注文したアレです。





15D3C035-1656-40B5-A786-BA13B65C579B.jpg

この開ける時のワクワク感はいつもながらたまりませんね。



78AA3F61-8F1F-48B1-8CCB-F8E63690AF10.jpg

まあそんなに大した物ではないんですけど、この形でわかりますよね。



3CB7454F-0008-4466-9FD8-85A3AA0E5C93.jpg

はい、ランディングネットです。
それもラバーネット。


前回の釣行記事でも少し書きましたが、ミノーでかけた魚にランディングネットを使うとほぼ確実に絡みます。

魚をフックから外すのに時間がかかる時もあり、その後ネットに絡んだフックを外すのもこれまた時間がかかります。

バーブレスにすればネットからフックを外すのは簡単ですが、フックがネットに引っかかった状態で魚が暴れるとやはり魚にケガをさせる事はあります。
特に大型になればなるほど体力もあり、魚自身の重さで絡んだネットと共にローリングし、どうなってんだこれ状態になります。

せっかく大物を釣っても魚がケガしたり、弱ったりすると嬉しさも半減しますね。



AEF30A6E-27DA-494C-BFB5-0BE128673262.jpg

なので僕は普段、極力ネットを使わないのですが、浅場がない、流れが早い場所ではやはりネットの必要性も出てきます。

目の前で大物をバラしたなんて悔しいですし、ハンドランディングはフックが手に刺さる可能性もあります。



937D69EA-AC67-40FA-89A4-E5A3E5DE3E4E.jpg

クレモナで編んだ目の荒いネットを使ってた時もありますが、これもたまに絡むし、魚のヌメリや鱗(ウロコ)を削ってしまうこともあります。
荒い編み目に鰭(ヒレ)が引っかかり、割れたり裂けたりすることも。
釣り糸を編んだようなネットもガリガリですね。


どうせならとことん魚に優しいネットを考えました。
そんなこんなで悩んで購入したのが・・・


18C4355B-E693-426F-B8E6-83D0B6B31CB8.jpg

スミスのラバーネット 0712
ネットカラーはブルー、オレンジ、オリーブがあり、僕はオリーブをチョイス。
お値段2000円ちょっとです。

ちなみにプロショップおおつかさんで購入しました。
こちらのショップは種類も豊富で発送も早いので良くお世話になっています。
お店を持ってるので電話対応もしてくれるので安心です。





来週行く予定の川は、川原がほとんどなく、ランディングネットが無いと厳しいのでその為に購入しました。

大きめなので50〜60cmなら入ります。



05A1DD0D-55ED-4AE7-A603-E0898F9A30BA.jpg

全長は55cm。
網内径縦 36cm。
自重 240g
ラバーネット自体、網のネットより重たいのですが、他の部分は軽くしてるので比較的軽量です。
今まで使ってたネットと変わらないくらいですね。



126EA25F-6D23-4897-AA96-AE7AEEB931BA.jpg

ほぼ円形なので取り込みはしやすそうです。
グリップ部分はEVAだと思いますが、ロッドなどに使われているEVAより少し柔らかい感じです。



A03362FE-21A8-461B-A451-F4D23D66E662.jpg

今までのネットも十分大きいですが・・・



5C5ADD6B-E96A-4D03-8D4E-8310A0811E49.jpg

更に大きくなりました 笑
本流ネットみたいですね。
僕はどこに向かっているのでしょう。

でもこれでストレスなく釣りが出来そうです。


来週、このラバーネットのレビューが出来るくらい釣れればいいのですが・・・。
posted by tosu at 18:21 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | タックル/装備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426127207

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。